算命学(さんめいがく)は、陰陽五行思想が元になっています。

 

算命学は、「人」の運命は「役目」と「環境」が一致するところにおいては、自然がその人を必要とする存在となり、「役目」と「環境」が一致しないところにおいては、自然はその人を淘汰すると考えます。

 

つまり、生まれ持った自然な自分を生かして生きていくと、自然と調和するので、物事がうまくいきやすくなり、本来の自分を否定したり抑えつけて違う自分になろうと無理をして生きていると生きづらくなり、苦しくなります。

 

算命学では、その人の生まれ持った宿命が分かります。

天から授かった自分の本当の魅力や才能。

反対に無理に頑張らなくてもいい分野や能力。

自分を後押ししてくれる運気や人物。

そして、ゆっくり休んで自分磨きをするべき時期など。

 

算命学の宿命の星には、いろいろなメッセージが込められています。

 

 

これは、子育てにも役立ちます。

子供の生まれ持った性格、才能を知ることで、親としてその子に合った環境を整えてあげることが出来ます。

同じ親から生まれた兄妹でも性格、才能が異なるので理解して良い方向に伸ばしてあげると子供も親も楽になります。

 

また、パートナーや友人、同僚、上司、部下の性格や、自分との関係、相性も知ることが出来ます。

 

ヨガの知恵と算命学を併せることで、「あるがままの自分を受け入れる」ことが出来、「自分以外の人のことも受け入れられる」ようになります。

 

 

これまで鑑定を受けられた方は、今までずっと疑問に思っていたこと、苦しんでいたことの意味が分かり「腑に落ちた」「楽になった」「自分の進むべき方向が見えてきた」と、お声を頂いています。

 

鑑定を依頼をされる方の未来が明るく幸せになりますように心を込めて鑑定いたします。